職業適性チェックサイト

あなたに合った職業は!?
チェックしてみましょう!

企業の職業適性チェック

適性チェックはその職業に就いた時、
その職業に必要な能力やスキルを発揮する可能性があるかどうかを
性格や行動の傾向から判断するものです。

面接時に適性検査を参考に採用を判定する企業が増えています。
基本的には面接で判断しているとは思いますが、
中には適性検査を重視している企業も多いようです。
配属予定の職種や人数など、欲しい人数や仕事内容の向き不向きを
調整して採用を判断している企業もあるようです。
「希望していた部署ではありませんが、こちらの部署の方が
ふさわしいという結果が出ました。」と言われるかもしれませんね。

雇用管理に適性チェックを行う事もあります。
個人の能力や意欲があるかの判断材料にする。
個人の持つ特性を再確認して、最適な仕事が出来ているか、
どんな仕事の方が個人の能力を発揮させられるかの
判断材料に活用しているようです。

大企業またはその傘下の企業で採用試験によく使われている
適性検査では リクルートの【SPI2‐U】が多いようです。
総合職、一般職の新卒採用に使われているもので
言語(30分)、非言語(40分)、性格(40分)についてのペーパーテストと
テストセンターと呼ばれる専用の会場でパソコンを使って
言語・非言葉(40分)、性格(20分)についてのテストがあります。

SPI2にはたくさんの種類があり、
中途採用ではSPI2-Gが使われるようですね。

【CUBIC(キュービック)】などは適性検査は人材の判断に
総合的な診断が出来る事から 中小企業の人事に使われているようです。
面接時でも、新卒学生や中途採用の採用の判断にも利用されています。

MENU

 
 

(C) 2012 あなたの職業適性チェック!